<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

インド洋給油、終結を命令=新テロ特措法が期限切れへ−北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は15日午前、新テロ対策特別措置法の期限切れに伴い、インド洋で給油活動を実施中の海上自衛隊に対し、任務の終結、撤収を命じた。一時中断を挟んで約8年続いた活動は、16日午前0時で幕を閉じる。
 2001年9月の米同時多発テロを受け、小泉純一郎首相(当時)は、アフガニスタンでの「テロとの戦い」を支援するため、自衛隊の海外派遣を決断。旧テロ特措法を成立させ、同年12月から現地での活動を開始した。
 07年11月には、参院で第1党になった民主党などの反対で同法の期限が切れ、活動が中断。新テロ特措法の成立で08年2月に再開したものの、09年9月に発足した鳩山政権は、民生分野への支援を重視し、活動を終結させる方針を示していた。 

日米安保 米国人女性がドキュメンタリー映画を製作(毎日新聞)
<暴力団>山口組が京都で勢力拡大 弘道会が中心的役割(毎日新聞)
陸山会土地取引 強制捜査 政府内で国会運営への影響懸念(毎日新聞)
小沢氏の公設第1秘書・大久保被告を逮捕(読売新聞)
外国人参政権法案「理解得られる」と首相 「日韓併合100年というタイミングでもある」(産経新聞)
[PR]
by 39zbx3ocvt | 2010-01-18 23:53

小沢氏問題で民主激震…首相は強気? 党内に「答えるな」の指示も(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の個人事務所への強制捜査に引き続き、小沢氏の元秘書、石川知裕衆院議員に対する3度目の事情聴取が14日に行われたが、政府・与党内には小沢氏の責任を厳しく追及する声はほとんどない。捜査の展開や世論の動向を読み切れず模様眺めをしているためだ。だが裏では閣僚からも「西松事件より深刻。小沢さんは身柄を取られるんじゃないか」との懸念が漏れているほか、「説明できないなら出処進退を」と小沢氏の責任を問う声も出始めた。

 小沢氏は14日午後2時半すぎ、名古屋市内のホテルの地下駐車場から紺色の大型ワンボックスカーで出発した。上空でヘリコプターが旋回し、約100人の報道陣が色めき立つ中を無表情で通過し、高速道路で大阪市へ向かい、高級料亭「吉兆 高麗橋店」で財界人と会合した。

 鳩山由紀夫首相は同日夜、首相官邸で小沢氏をめぐる疑惑について「捜査で全容が明らかになってくる。それ以上のことは申し上げる立場にはない」と記者団に語った。参院選を小沢氏の指揮で戦うかと問われると「そう思います」と答え、小沢氏を続投させる考えを重ねて表明した。

 小沢氏に近い石井一選対委員長は同日、産経新聞の取材に「推移を見守るしかないが幹事長の言うとおり違法性はないと確信する」と述べた。牧義夫国対副委員長は「強引だ」と捜査当局を批判。川内博史衆院国土交通委員長は「潔白だと信じている」と強調した。

 だが、こうした擁護論は一部にとどまり、ほとんどの与党幹部はこの問題への言及を避け、様子見の姿勢に徹している。

 松本剛明衆院議院運営委員長、三井弁雄国対委員長代理、高木義明衆院議運委筆頭理事、海江田万里選対委員長代理は「ノーコメント」。西岡武夫参院議運委員長は「私から申しあげるのはちょっとねえ」と言葉を濁した。

 小沢氏側近の山岡賢次国対委員長は記者団が「よろしければ」と話し出した途端、「よろしくない、もうお時間」と会話を拒絶。亀井静香郵政改革・金融相は記者団が質問を切り出すなり車に乗り込んだ。

 民主党は13日で、党所属国会議員に「議員活動や党活動に対するアンケートが寄せられているが適切かつ慎重に回答するように」とした奥村展三総務委員長名の文書を配布した。これが念頭にあったのか松崎公昭衆院議員は「あまり答えるなという指令が出ている」と語った。小沢チルドレンの青木愛副幹事長は国会内の事務所を閉ざしたまま。佐藤公治副幹事長も記者団の呼びかけを振り切った。

 小沢氏と距離を置く枝野幸男元政調会長もコメントを拒んだ。反小沢の議員さえも慎重姿勢なのは辞任要求ののろしをあげても捜査が進まなければ、政権運営の足を引っ張ったと批判される恐れがあるためだ。

 渡部恒三元衆院副議長も14日の金沢市内での講演で「今の民主党は大政翼賛会みたい」と党内の雰囲気を皮肉ったが、「(小沢氏の進退は)第三者がとやかく言うことではない」と指摘。野田佳彦財務副大臣は「緊張感を持って推移を見守る」と述べるにとどめ、安住淳衆院安全保障委員長は「今すぐどうこういうことはない」と語った。

 ただ、参院選を控え「党に悪影響が出る前に決断してほしい」という声が増えていることも確かだ。生方幸夫副幹事長は「これ以上新たな容疑が出て予算審議に影響が出るようなら」と断った上で「幹事長にはそれなりに対応してもらわないと困る」と指摘した。中堅の1人も「待ってよ。表だって発言するにはまだ早い」とつぶやいた。

【関連:陸山会など強制捜査】
石川議員元秘書、資料を隠してなければ「小沢先生含め全員逮捕だ」
不可解10億円分…「小沢氏名義」で億ション買いあさる
小沢氏「国民、理解してくれていると」13日夜のあいさつ全文
捜査不発なら…小沢氏支配さらに強まる? 息潜める政府・与党
「いまの民主党は大政翼賛会みたい」と渡部氏 捜査には言及せず

菅副総理 ポスト鳩山レース 財務相就任は大きな賭け(産経新聞)
山崎氏ら公認せず=参院選、青木氏は出馬へ−自民(時事通信)
小沢幹事長に「辞職しろ」、若い男詰め寄り拘束(読売新聞)
<紛失>現金書留の郵袋輸送中 盗難か 松江(毎日新聞)
介護従事者の8割「業務内容に対し低収入」―公明党調査(医療介護CBニュース)
[PR]
by 39zbx3ocvt | 2010-01-16 17:16

OBら関係者それぞれに責任=日航法的整理で鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日朝、公邸前で記者団に対し、会社更生法を活用した日本航空の再建に関し、日航OBらの責任を含めて「企業再生支援機構で調整している」と述べた。
 法的整理により、日航は企業年金が大幅に減額され、株式も上場廃止される見通しが強まっている。首相は「こういう状況になったのは誰の責任だということになれば、それぞれの皆さんが責任を負わなくてはいけない」と語った。 

PSP改造日記
最近の税理士事情
タイタンズ2010
家庭教師のお仕事
プログラマーの世界
[PR]
by 39zbx3ocvt | 2010-01-15 10:23

<鳥取不審死>36歳の女と同居の男を窃盗容疑で逮捕(毎日新聞)

 鳥取市内の元スナックホステスの女(36)=詐欺罪で起訴=と接点のある男性が相次ぎ死亡した疑惑に絡み、鳥取県警は13日、女と、同居の男(46)=同=を、女が勤めていたスナックの女性経営者(68)から現金約35万円などを盗んだとする窃盗容疑で逮捕した。2人の逮捕は5度目。県警は今回の逮捕容疑の捜査を終えた後、男性の死亡について本格的に取り調べ、女を今月中にも殺人容疑で再逮捕する方針。男の関与も追及する。

 逮捕容疑は、男女は共謀し昨年6月24日午前10時10分ごろ、同市の女性宅に侵入し、現金約35万円と商品券3000円分などの入った財布2個、計約37万6000円相当を盗んだとされる。女については、既に男が逮捕されている農機具取り込み詐欺事件で共謀したとする詐欺容疑でも再逮捕した。県警は逮捕容疑に対する2人の認否は明らかにしていない。

【関連ニュース】
鳥取不審死:元ホステスの同居男が殺害の経緯供述
鳥取不審死:同居の男、殺害ほのめかす供述 女と共謀し
鳥取不審死:男女、詐欺容疑で4度目の逮捕
鳥取不審死:女再逮捕へ 57歳男性殺害容疑
鳥取・男性連続不審死:男が殺害経緯供述 窃盗容疑、元ホステスと再逮捕へ

2010年シェイプアップ
ピアノ講師の仕事はプライドが大事!
現金化
競馬サイト
ショッピング枠現金化
[PR]
by 39zbx3ocvt | 2010-01-14 00:24