鳩山首相、党大会で自身の疑惑「終結した」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は16日午後、民主党の定期党大会でのあいさつで「私の資金管理団体の収支報告書についても報告する。ご迷惑をおかけした。検察捜査で全容が解明し、基本的に処分が決定し終結した。私自身、厳しく反省することもある。引き続き党の代表として、連立内閣の首班として、全身全霊を傾けて邁進(まいしん)する。ご理解とご協力をお願いする」と述べた。

【関連記事】
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も 
鳩山首相、イバラの道 責任論も
首相「闘ってください」 小沢氏に続投“お願い”?
■総力特集「それでも小沢一郎」

バケットと柱に挟まれ男性死亡 所沢(産経新聞)
角川映画会長、中国と「遣唐使船再現プロジェクト」(スポーツ報知)
わいせつ容疑の整復師、不起訴不当=「被害者供述、不自然さない」−横浜検審(時事通信)
陸山会土地購入 石川容疑者「小沢氏に事務処理を報告」(毎日新聞)
「全国の見本になるように」=秋田・減反反対派の代表に−農水相(時事通信)
[PR]
by 39zbx3ocvt | 2010-01-23 19:22


<< 「障がい者制度改革推進会議」に... 【産経・FNN合同世論調査】「... >>