出生率は前年並み1.37=4年ぶりに上昇止まる―厚労省(時事通信)

 厚生労働省は2日、2009年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの数の推計値)は前年と同じ1.37だったと発表した。06年以降続いていた上昇がストップした。
 出生数は前年より約2万1000人少ない約107万人。死亡数は前年とほぼ同じ約114万2000人だった。出生数から死亡数を差し引いた「人口の自然増減数」は、過去最大となる約7万2000人のマイナスだった。
 同省は出生率が横ばいとなった要因について、「赤ちゃんの数は減ったが、分母となる母親も減ったため」としている。 

【関連ニュース】
当世「新成人」諸事情
社会全体で育児支援を=子ども手当の重要性強調-10年版白書
09年の出生数再び減少=人口減少幅は記録更新

ニチイ学館寺田社長、元社員逮捕で陳謝―再発防止に努める(医療介護CBニュース)
農水相不信任案 野党4党提出へ(産経新聞)
通り魔事件で男性無罪 被害者証言疑問、面割り捜査を批判(産経新聞)
<エレベーター>渋谷駅でワイヤ切れ止まる シンドラー社製(毎日新聞)
殺人未遂容疑で28歳男逮捕=職務質問の警官引きずる―警視庁(時事通信)
[PR]
by 39zbx3ocvt | 2010-06-03 18:45


<< トニー賞 演劇主演男優賞にデン... <普天間移設>首相「辺野古」表... >>